私たちの使命

ワシントン住宅所有リソースセンター(WHRC)の使命は、現在および将来の住宅所有者を教育し、権限を与えることにより、ワシントン州の住宅所有を増やし、維持することです。

私たちの仕事

ホットライン、ウェブサイト、オンラインポータルを通じて、個人情報を提供し、住宅購入者支援プログラム、購入前の教育とカウンセリング、住宅ローンと固定資産税の差し押さえ介入カウンセリング、リバースモーゲージカウンセリング、所有者など、精査された住宅所有サポートへの紹介を提供します。 -占有修理支援、その他の購入後の教育と支援、法的支援、およびクレジットカウンセリング。

WHRCは、住宅所有者と協力して住宅所有の目標を達成できるよう支援するだけでなく、選出された役人、政府機関、貸し手、コミュニティ組織と緊密に連携して、ワシントン全体の住宅所有者をサポートするためのリソース、プログラム、保護を提唱しています。

501(c)3組織として、私たちはコミュニティの支援を受け、政府の助成金、企業の慈善寄付、個人の寄付を通じて資金を提供しています。このサポートにより、公平で無料の情報と紹介を提供することができます。貸付または不動産の専門家からの支払いを紹介リストに載せたり、クライアントにサービスの料金を請求したりすることはありません。

WHRCは貸し手またはローンサービサーではありません。お客様への融資や資金援助は行っておりません。ただし、住宅購入者と住宅所有者が利用可能な場合は、金融支援プログラムに接続できるように支援することはできます。

1995年以来、WHRCは、70,000人を超えるワシントンの住宅所有者が、住宅所有の夢を実現したり、差し押さえを回避したりするのを支援してきました。

私たちの歴史

WHRCは、シアトル住宅ローン銀行協会、ワシントン州住宅金融委員会(WSHFC)、および非営利住宅機関のメンバーによって1995年にコミュニティ住宅所有センター(CHOC)として設立されました。これらの機関はすべて、コミュニティをつなぐという目標を共有していました。住宅所有の成功への障壁を打破するために必要な資源に。 CHOCは、初めての住宅購入者や住宅所有者、特に低所得者から中所得者が利用できるリソースのピュージェット湾地域の情報センターとして機能しました。 1999年、CHOCはサービスエリアをワシントン州全体に拡大し、州全体のフリーダイヤルホットラインを立ち上げました。 Community Home Ownership Centerは、2008年にその名前をWashington Homeownership Resource Center(WHRC)に変更しました。

2008年の住宅ローン危機の発生に伴い、WHRCのホットラインへの電話は、住宅購入に関する情報を求める消費者から差し押さえの防止に関する情報を求める消費者へと大幅にシフトしました。

これに応えて、WHRCは、ホットラインを通じて利用できる住宅所有者サポートサービスに差し押さえ防止カウンセリングと法的援助を追加しました。 2011年、WHRCは、差し押さえ公正法に規定された州全体の無料の差し押さえ防止ホットラインを運営するために選ばれ、当社のサービスポートフォリオにおける差し押さえ防止の役割を固めました。

景気後退後の回復を通じて、WHRCはワシントンの住宅所有者の新たなニーズに応え続けています。税金の差し押さえに関連する住宅の損失を防ぐことは、WHRCの3番目の重要な紹介となっています。郡の会計および査定人および法的援助機関との強力な紹介パートナーシップは、固定資産税の義務を果たすのに苦労している住宅所有者をサポートします。これらの住宅所有者は圧倒的に高齢の住宅所有者であるため、高齢者を免税プログラムに結び付け、高齢者の免税の拡大を提唱するために、シニアセンターおよびAARPとの強力なパートナーシップを構築しました。

取締役会

共同代表
クリスティンウォルシュロジャーズ
最初の連邦銀行

共同代表
マイケル・グリーンバーグ
コミュニティフレームワーク

副社長
リー・ピアス
シアトルクレジットユニオン

会計
アリ・シェイバニ
人類の生息地シアトル-キング郡

秘書
リンジーサージェント
ケラーウィリアムズグレーターシアトル

マークコート
パークビューサービス

ボブ・ウッダード
ワシントン州住宅金融委員会

リッチツヴィッカー
ワシントン州住宅金融委員会